外国語の微妙なニュアンスを伝える難しさ

ビジネス英会話に力を入れている私が翻訳作業をしていて難しいと感じることは、言葉の表現方法です。
外国語にも日本語にも、その言葉独特の比喩表現や慣用句などがあります。

また、時にはことわざなどを使ったほうが、意味は伝わりやすいこともあります。
私は子供の頃から、こうした言葉が好きだったのですが、外国語を日本語のそれに当てはめていくのには、多少無理があるような気がします。

「TIME IS MONEY」は、日本語で「時は金なり」ですが、このように同じ意味の言葉があれば表現しやすいですが、こういうことは数が少ないかもしれません。

例えるものがその国独特のものを使っていたりすると、やはり本来の意味とはかけ離れてしまいます。

先日、明治時代の英語翻訳について書かれた本を読んだのですが、そこには外国人の名前まで、日本人の名前に訳されていました。
生活スタイルや文化など、あらゆる面で大きな違いがあるので、それらを日本風に変えていくとしたら、本来の物語の意味合いはなくなってしまうかもしれません。

ストーリーだけを楽しむのなら、それでも良いのかもしれません。
私のように外国語の本を読みながら、自分が外国で生活しているような疑似体験を求めている場合は、かなり違和感を持ってしまいます。

現代は原書で書かれた国の様子が全く想像できない時代ではないので、やはり原書に添って訳していく方が良いと思いました。
それでも独特の言い回しの表現などは、日本語に訳すのが難解なことがあります。

日本語の中でも方言がありますが、微妙なニュアンスは標準語よりも方言の方が伝わりやすく、しっくりくることがあります。
おそらくそれと似たようなことなのかもしれません。

そのような言葉のギャップがあったとしても、それを分かった上で、なんとか日本語に訳していく作業は、かなり大変ですが、やりがいがあるとも言えます。

実際に自分が現地に住んでいたことがあれば、想像しながら訳すことができるかもしれません。
しかし、何も予備知識や経験がない中で、翻訳作業を進めていくのは、かなり大変ですし、無理があるのかもしれません。